2015年07月 のアーカイブ

2015年7月12日 22時25分38秒 (Sun)

エキサイティングだった「浅田聖子ウィーン展」

エキサイティングだった「浅田聖子ウィーン展」画像 幼稚園・小学校の同級生で、幼なじみの竹歳誠氏が、一昨年より在オーストリア日本国大使としてウィーンに赴任しており、そのご縁で6月2日から11日まで、日本大使館の広報文化センターで個展をさせていただいた。

ウィーンは小さな街だが、その街に歴史、伝統、文化、芸術などが凝縮されている。
人々の美意識も高く、特に女性のファッションは、見事に色彩が統一されていて、目を見張るばかりだ。

5月11日、ウィーン到着後、楽友協会でウィーン放送交響楽団のコンサートへ。
オルガン演奏が力強く印象的だった。

6月1日、センターで陳列作業。夜は大使をお招きして、プレパーティーを。
大使もにこやかに皆さんと歓談をしてくださった。

6月2日10時にオープン。
大使が日本語とドイツ語で、立派な、そして心温まるご挨拶をしてくださった。
最初に4名でデモンストレーション(席上揮毫)をした。

デモンストレーションが終わった後に声をかけてくれた日本人女性の紹介で、4日の夜にウィーン郊外の素晴らしい弓道場で席上揮毫をさせていただいた。
板張りの広いオープンな空間での席上揮毫は、また格別であった。
この弓道のグループ名「岳虎」を書いてほしいと急に言われ、この「岳虎」を含めて3枚揮毫した。
「体の動きが円運動だ」
「呼吸や足の運びが武道に通じる」
「動きに無駄がない」
など、弓道をしている人たちならではの感想をいただいた。

大使館がお休みの6日、7日は、ドイツ語のできる門人が、ブダペストやヴァッハウ渓谷へ連れていってくれた。

9日に2回ワークショップの参加募集をしていたが、すぐに定員になり、キャンセル待ちという状況になったので、急遽11日にもワークショップをすることにした。

ウィーンの方たちは、作品だけ見に来るというより、参加型であることがわかった。
ワークショップに来ても作品を見ずに帰る人も多かった。
その反面、毎日のように来てくれた男性アーティストや、嬉しそうに会場に入ってきて、長々と作品について話したヨルダン人や、ネットで作品を知り、見に来てくれた女性は、頬を紅潮させて「すばらしい!」と感動してくれた。
たまたま旅行でウィーンを訪れていた多くの日本の方も見てくれた。
その結果、作品関心派と無関心派とにハッキリ分かれたようだ。

ウィーンの美術館で、クリムトを始め、多くの絵画を拝見した。
そんな中で「書」は、精神性の高い異次元の平面芸術だと思った。
この日本の伝統文化である「書」を海外の方たちに理解をしていただけるように、私たち書家はもっと積極的に努力をしなければいけないなあとも思った。

ともあれ、多くの方々のお力添えで実現できた、エキサイティングで充実した「浅田聖子ウィーン展」であった。



プロフィール画像
浅田聖子       Seiko Asada
毎日書道展審査会員/日本詩文書作家協会評議員/日本書道美術院評議員/光荘会幹事/雅涎会会員
     1949年東京都出身。4歳にして筆を持ちはじめ書の道へ。1965年故益田霞邨に師事。1971年故駒井鷲静に師事。 毎日書道展, 日書展など受賞多数。現在、商品パッケージや題字なども含め積極的に活動中。

《主な受賞歴》
●1976年 第30回 日書展新書芸部「院賞」
●1977年 第22回 光荘会書道展「衆議院議長賞」
●1989年 第41回 毎日書道展「秀作賞」
●1992年 第44回 毎日書道展「秀作賞」
●1995年 第49回 日書展「梅華賞」
●1995年 第47回 毎日書道展「毎日賞」
●2007年 第49回 毎日書道展「会員賞(グランプリ)」

ブログ

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
QRコード
携帯用QRコード