2012年09月 のアーカイブ

2012年9月30日 1時14分59秒 (Sun)

丸山重樹先生からの手紙

丸山重樹先生からの手紙画像 「美の手帖」の主幹をされていた評論家の丸山重樹先生から、嬉しいお手紙を頂戴しました。

91歳の丸山先生は、笑顔が素敵で、とても穏やかなお人柄。作品を見て、書いている人の心理を見抜くような慧眼をお持ちの先生です。昔から大ファンでした。

近作書展にもお越しいただき、後日お手紙を頂戴しました。

作品に関してのあたたかなご感想がとても嬉しかったので、ご本人の承諾を得まして、ここにご紹介させていただきます。

***********************************

 過日は素晴らしい近作書展を拝見させていただきありがとうございました。

 御作を鑑賞させていただき、寄る年波を忘れるほどの元気をとりもどすことができました。厚く御礼申し上げます。

 とりわけ 自作の言葉の作品は、そのまま やんちゃで自由な生き方を楽しんでいるような雰囲気があり楽しませていただきました。 
 
 やはり本骨頂は大作で、「新しいものは常に謀叛だ」は、大字5行横6メートルほどの大作。徳富蘆花「謀叛論」よりの言葉で 各字それぞれ重厚な動きと広がりを見せながら一体となって、鋭く激しく訴えてくる作。筆者自身の書業を重ねた感じで、訴えはひときわ強烈でした。

 やはり大字の作品で松本幸四郎がNHKで話した言葉の作「今を大事に」も千鈞の重みをもって訴えていました。
 
 ともあれ、いろいろな角度から自由な運筆で大きく楽しい構成で作られた作品ぞろい。
それぞれに楽しませていただきました。

 ますますのご活躍をお祈り申しあげます。
 とりあえず御礼まで。
  
   九月十五日                   丸山重樹

2012年9月20日 14時44分18秒 (Thu)

近作書展小品の再展示のお知らせ(10/1〜14 in世田谷)

近作書展小品の再展示のお知らせ(10/1〜14 in世田谷)画像 暑さ寒さも彼岸までといいますが、まだまだ暑い日々が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

銀座清月堂画廊での近作書展では
500人を超える方々ににお越しいただき
おかげさまで大盛況のうちに終えることができました。

お忙しい中お越しくださった皆様、
表具をしていただいた自由が丘春峰堂の伸沢さん、
陳列ををお願いした牧野商会さん、
案内はがきや目録を制作いただいた風雅プランニングの小久さん
お手伝いいただいたチームseikoスタッフの皆さんに
厚く御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

書道をなさらない方にも作品をご覧いただき、
たくさんのことを感じた6日間でした。
個展については、また改めてゆっくりと
ブログに書き綴りたいと思います。

さて、今回は、10月1日から行なわれる
近作書展の再展示のお知らせをさせていただきます。

場所は、世田谷のギャラリーアッカさん。
住宅街の真ん中にある個人のおうちの素敵なギャラリーです。

こちらでは、銀座の近作書展に展示した作品の中から
小品を約20点、再展示いたします。

銀座での個展にお越しいただけなかった方や
お近くにお住まいの方にも
ぜひ足をお運びいただけたら幸いです。

作家は4日と11日の午後に在廊予定です。

●日時
10月1日(月)〜14日(日)(9日は休廊)
午前11時〜午後5時

●会場
ギャラリー アッカ
世田谷区弦巻4−27−1(田園都市線 桜新町駅 西口より徒歩8分)
電話03−3426−1918
//home.s05.itscom.net/acca/



2012年9月16日 23時45分43秒 (Sun)

チームリーダー日記その9「お陰様で」

チームリーダー日記その9「お陰様で」画像 本日「浅田聖子近作書展 ーことば・感動を書にー」
無事閉幕いたしました。

暑い暑い毎日でしたが 
大勢の皆さまにお出かけいただき
たくさんの お話を伺うことができました。

3か月の赤ちゃんから 人生の大先輩まで。
6日間で こんなに いろいろな方とお会いでき
本当に幸せでした。


本日の画像は 淡墨作品「在」をバックに
最後のお客様をお送りしたあとの 一こま。

お陰様です。
心からのお礼をこめて・・ありがとうございました。

展示作品は いずれ画像をアップさせていただきます。


2012年9月15日 23時46分17秒 (Sat)

チームリーダー日記その7「もう一つの話題作」

チームリーダー日記その7「もう一つの話題作」画像 土曜日の銀座は 朝が遅いのか
今日は お客様の出足もゆっくり。

ところが お昼を過ぎたころから
あれよあれよ・・と
沢山の方で 会場はあふれんばかりでした。

楽しく賑やかな時間が 瞬く間に流れます。
残らず お声をかけたつもりですが
失礼があったら どうぞお許しください。

昨日につづき 
皆さまの感想が多い 話題作です。

「真ん中の白が 鶴みたい。」
「洞窟から光が射しているよう。」
「ダイヤモンドの輝き!」 ・・・

作家は 夜なべをして
白い紙の外側から 墨をだんだんに薄めながら
グラデーションに 囲って行きました。

一夜明け 何枚か作った紙が乾くと
一枚だけ 画像のような白い空間をのこしました。
「神業だー」 と思い 作品をしたためたそうです。


前田夕暮
「孤独の寂しさが 人間の心を静かに燃やす」

         今日は さらにもう一点・・つづく

2012年9月15日 23時44分07秒 (Sat)

チームリーダー日記その8「いまを大事に」

チームリーダー日記その8「いまを大事に」画像 今日 私の後輩が カナダ人の男性カメラマンと
会場を訪れてくれました。

バンドやライブが好きだという彼の 一押しは
画像の作品でした。
「音楽と同じように 動きがある作品でステキ!」

テレビで放映された 松本幸四郎さんのことばに感銘をうけ
急いでメモをとり すぐに作品にしました。
もっとも新しいことば との出会いです。


  「いまを大事に いまを愛して 生きているのが
   過去をつくり 未来をつくる
   何かを目標にしているわけではありません
   大震災でなおさらそう思いました」
      ラ・マンチャの男を1,200回演じた松本幸四郎さんのことば


明日1日 どうぞよろしくお願いいたします。



プロフィール画像
浅田聖子       Seiko Asada
毎日書道展審査会員/日本詩文書作家協会評議員/日本書道美術院評議員/光荘会幹事/雅涎会会員
     1949年東京都出身。4歳にして筆を持ちはじめ書の道へ。1965年故益田霞邨に師事。1971年故駒井鷲静に師事。 毎日書道展, 日書展など受賞多数。現在、商品パッケージや題字なども含め積極的に活動中。

《主な受賞歴》
●1976年 第30回 日書展新書芸部「院賞」
●1977年 第22回 光荘会書道展「衆議院議長賞」
●1989年 第41回 毎日書道展「秀作賞」
●1992年 第44回 毎日書道展「秀作賞」
●1995年 第49回 日書展「梅華賞」
●1995年 第47回 毎日書道展「毎日賞」
●2007年 第49回 毎日書道展「会員賞(グランプリ)」

ブログ

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
QRコード
携帯用QRコード