2012年06月 のアーカイブ

2012年6月10日 18時49分31秒 (Sun)

パリへ行ってきました

3月10日から16日まで、パリの国立ギメ東洋美術館で開催されていました「2012 現代日本の書 代表作家パリ展」を拝見しに、パリへ行ってきました。
パリ滞在5日間をご報告させていただきます。

3月10日(土)
午後4時半、パリ・ドゴール空港に到着。
空港内の建物に入ると、香水の甘い香りとオシャレなコマーシャルポスターに、パリを実感しました。

3月11日(日)
朝7時半にホテルを出発し、バスで5時間かかるモンサンミッシェルへ。
途中昼食をとるために立ち寄った街で、白い聖堂に案内してもらいました。十字架の形をした内部、高さ27メートルもあるアーチ式天井、美しいステンドグラス、エルサレムの方向に祭壇があり、どこからか聞こえる聖歌、外界と遮断された荘厳な聖なる空間に、心身が清められるようで鳥肌がたちました。
モンサンミッシェルまでのノルマンディ地方は、緑豊かな牧草地で、カマンベールチーズの発祥の地です。
夕方、ホテル ルレ・サンミッシェルに到着。夜空にライトアップされた修道院を見ながらの夕食。ムール貝がおいしく、やたらといただき、食べ終わった貝殻の山にビックリ!!

3月12日(月)
朝霧に包まれた海に浮かぶ修道院は、幻想的でした。そしていよいよ世界遺産の修道院へ。この修道院は、709年に地元の司教が、夢で大天使ミカエル(ミッシェル)のお告げで礼拝堂を建てたのが最初で、その後、何世紀にもわたって増改築され、13世紀に現在のような形になったようです。今ではカトリックの巡礼地になっています。内部は迷路のようで、写経をする部屋にだけ暖房設備があるのが印象的でした。
このあたりは潮の干満の差が激しく、朝ヒタヒタと海水が打ち寄せていたところは、帰る頃にはすっかり潮が引き、車が停車していました。
昼食は、ここの名物オムレツを。オムレツといっても、半ペンかスフレのような歯ざわりのオムレツにソースがかかったもので、おいしかったです。
パリへ戻り、夜8時頃から、セーヌ河のバトー・ムッシュ・ディナークルーズへ。セーヌ河の船上から、パリの夜景を楽しみながら夕食をいただきました。こちらは夕食の時間が遅いですね。

3月13日(火)
ギメ東洋美術館へ。11時半からの開幕式に出席しました。
ギメ東洋美術館館長、日本大使館参事官、朝比奈毎日新聞社社長のご挨拶があり、その後、宮崎紫光先生と石飛博光先生の席上揮毫が行なわれました。
朝比奈社長と石飛先生は、ご挨拶の中で、ちょうど1年前の大震災へのフランス政府及びフランス国民の、多大な支援に対する感謝のことばを述べられました。
その後、41名の先生方の作品を拝見しました。
美術館からの帰途、オペラ座の内部を見学したり、バスチーユ広場、コンコルド広場、シャンゼリゼ通り等を車窓から眺めました。
夜7時から毎日書道会主催の懇親会が、宿泊しているホテル プルマンパリエッフェルで開かれました。

3月14日(水)
9時にホテルを出発して、ベルサイユ宮殿へ。
バラの花柄で統一されたマリー・アントワネットの寝鏡の部屋など、贅を尽くした部屋の数々に、当時の王侯貴族の贅沢な暮らしぶりがうかがわれますが、やがてフランス革命へと、歴史は流れていきます。
午後、ルーブル美術館へ。”ミロのヴィーナス” ”モナ・リザ” ”サモトラケのニケ”など、超有名な美術品の数々や、多くの宗教画には、驚くばかりでした。

3月15日(木)
モネの大作”睡蓮”を所蔵するオランジェール美術館へ。
”睡蓮”は、どこか日本的な雰囲気を感じる、心癒される静かな大作です。じっと見ていると、まるで池の風景の中に入っていくようです。近づくと、睡蓮の花は無造作に筆を走らせているようですが、遠く離れて見ると、それは紛れもない、生き生きとした睡蓮の花になるのは不思議でしたね。その他、モジリアニ、モネ、ピカソ、ルノアールなど、近世の画家の絵をたくさん拝見しました。
その後、ノートル・ダム寺院へ。ノートルは”私たちの”、ダムは”婦人”。つまり、マリア様の意味だそうです。ここは観光客が多く、荘厳な雰囲気にひたるどころではありませんでした。
午後、モンマルトルの丘へ。ユトリロも住んでいたという、多くの画家が愛したモンマルトル。小さな可愛らしいカフェ、建物の色彩など、どこをとっても画題になる風景です。パリで圧倒されるのは、街のあちこちで見かける非常に写実的な彫刻の多さと、センスのいい色彩の豊かさですね。モンマルトルからバスで空港に向かい、午後7時半のフライトで帰国しました。

この度の”パリ現代書展”は、来年の”100人展”に向けての”プレ書展”ということで、”100人展”はもっと大がかりになるようです。日本の書が、より深く広くパリの人たちに理解していただけるように、と願っています。









2012年6月1日 18時29分45秒 (Fri)

アルゼンチンに出品しました

アルゼンチンに出品しました画像 北井企画さんのお誘いで、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された 第33回「日本美術の輸出」展 in Buenos Aires ARTECLASICA 2012 に出品しました。

作品は、半切に「幸福在其心」の五文字(画像の一番左)。
幸福とは心の持ち方であって、自分の心以外に求めるものではない、という意味の禅語です。
この禅語は、今までも作品にしてきましたが、今回は淡墨で書き、”金”を飛ばしました。

この作品は、7月17日〜22日まで銀座大黒屋ギャラリーで開催される 第16回「白山会書展」にも出品いたします。

また、同じ北井企画さんの 2012年11月30日〜12月4日までベルギー・ケントで開催される 第34回「日本美術の輸出」展 in Lineartにも出品させていただく予定です。
何を出品するかは未定です。

これからは、海外にも作品を出品していきたいと思っています。
このような機会があれば、ご紹介いただければ幸甚です。




プロフィール画像
浅田聖子       Seiko Asada
毎日書道展審査会員/日本詩文書作家協会評議員/日本書道美術院評議員/光荘会幹事/雅涎会会員
     1949年東京都出身。4歳にして筆を持ちはじめ書の道へ。1965年故益田霞邨に師事。1971年故駒井鷲静に師事。 毎日書道展, 日書展など受賞多数。現在、商品パッケージや題字なども含め積極的に活動中。

《主な受賞歴》
●1976年 第30回 日書展新書芸部「院賞」
●1977年 第22回 光荘会書道展「衆議院議長賞」
●1989年 第41回 毎日書道展「秀作賞」
●1992年 第44回 毎日書道展「秀作賞」
●1995年 第49回 日書展「梅華賞」
●1995年 第47回 毎日書道展「毎日賞」
●2007年 第49回 毎日書道展「会員賞(グランプリ)」

ブログ

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
QRコード
携帯用QRコード